今まで12回登っていますが思い出に残る

二人の方をご紹介したいと思います。一人はアジアからの参加者でまだ若い男性で

した。若いゆえに早く、いつも山岳ガイドさんを追い越してゆきます。

特に空気が薄くなるのでゆっくりと登らなくては高山病になってしまいます。

通訳の方に説明してもらっても最後までガイドさんの前をのぼっていました。

幸い高山病にはなりませんでしたがガイドさんを追い越すのはマナー違反です。

もう一人はスウエーデンから参加していた40代の男性でした。

山頂に着くまでは特に目立ったこともありませんでしたが、

自由参加のおはち巡りを申し出たのはその男性一人でした。

通常1時間はかかる工程をなんとたった30分で巡ってきたのです。

同行した現地のガイドさんもびっくり!!

帰りのバスの中で尋ねたところエベレストにもキリマンジャロにも登ったことがあ

るそうです。さすがにその場、その場のマナーに添った行動をとるものだと

感心しました。

今年は8月21日、22日で登ります。

迷惑をかけないように心と体の準備をして行ってきます。

  キリマンジャロ  チョモランマ

 

 

 

 

2 Replies to “富士山でのマナー”

  1. 御帰りなさーい!
    頂上に勝る友情、拍手拍手を送ります
    また来年の目標ができましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください