鈴木さんの場合
患者さんの紹介でいらした鈴木さんは40代になった今はブライダルの会社を興して着実に業績を上げていらっしゃいます。
最近になって尾てい骨が痛くなり、歩くにも足を引きずるようになりました。聞いてみると鈴木さんは若い頃、俳優を目指してダンスや日本舞踊の稽古をしていたそうです。
日本舞踊にはすとん、と舞台にお尻から身体を落とすしぐさがあるそうですが、若いうちは若さゆえ循環がよいこともあり、痛みは感じなかったのですが、年を重ねて、また疲れがたまってくると昔圧迫したところの循環が悪くなって、痛みとして現れてしまいました。
鈴木さんはその後週一回の施術を受け、10回ほどで痛みは軽減しました。 みなさんも疲れはためないようにお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください